KITORIの家づくり

~ リノベーション / 新築住宅 ~

絵の中に足りないものを描くように、
リノベーションは自由です

本棚一面に並んだ本を眺めていると、
旅に出たような気持ちになります

あの扉を開けたら、
と少しでもワクワクすることが
未来を楽しくする近道です

型ガラスは光を遮ることなく
景色をぼかしてくれます

キッチンを変えると
時間の流れ方が緩やかに変わります

照明を一つ変えるだけで、
全体のイメージが
変わることもあります

KITORIの家づくりはイメージや空想を現実にすることです せっかく家を作るのだから、夢を見ませんか?

KITORIでは様々な家づくりをしています。キッチンや洗面台の交換など部分的な改装から、マンションや一戸建ての間取りを変えるような全面改装。賃貸物件の改装。そして一から作る新築住宅です。それぞれに利点があり、特徴があります。リノベーションは元の建物によって様々な制約がある中、最大限活かせるデザインを考えます。賃貸物件はコストも重視しつつ、借り手が見つかる工夫、広い層に受け入れられるデザインを考えます。新築住宅はもちろんデザインの自由度は一番高くなります。

どのような場合にも現実的な制約や、予算の関係、思い通りにならないことは必ずあります。 でもそれをあの手この手で超えるのが技であり経験であり、工夫であり、面白いところなのです。そこから思わぬデザインが生まれてくる場合もあります。

「目の前の問題に立ち止まるよりも、目を細めて遠くを見て、どんどん歩いて行くのです。すると、やがてその向こうに私たちをワクワクさせてくれる景色が見えてきます。そこにたどり着けば、その家づくりはもう成功です」
「おとぎ話のようですが、これが現実のキトリの家づくりです」

Renovation
イメージや理想の暮らし方などから空間ごと変えるリノベーション

KITORIのリノベーション

リノベーション リビング

KITORIの得意とするところでは、どこか一点でもデザインや素材、機能性などの先に、少しワクワクする暮らしが透けて見えることです。

まずはどんなものが好きか?何をどうしたいか?どんな悩みがあるか?将来どのように暮らしたいかなどを伺い、予算のことも考えながら、どんなリノベーションがいいかをご提案していきます。KITORIの空間づくりを基準にしつつ、建物の利点を最大限に生かしながら、必要性に応じて柔軟に対応します。

リノベーションとリフォームはちょっと違います。リフォームは古くなった所を新しく直すこと、例えば壁紙を貼り替えたり。それに対してリノベーションは間取りや機能をガラリと変えることで、新築の状態より良くなったり、暮らしそのものを向上させることを言います。
例えば、壁や天井を抜いて部屋を広くしたり、今まで閉ざされていたキッチンの壁を取り払いカウンターも付けてアイランドキッチンにしたり。暗い場所に明かり取りの窓を開ける。すると暮らしそのものが変わってきます。長い間、使いづらかった場所、無駄になっていた場所も見直します。ずっと取り入れたかったことや思いもそこに組み込んでいきます。

空間リノベーション例
リノベーションはまるで過去から未来へのタイムスリップです。
壁を一枚とったら、まったく別の空間になったりします。

KITORIがデザイン・施工したリノベーションは様々です。毎年少しずつ、数年かけて行うような計画を立てたこともあります。未来の暮らしを思い描き、まずはキッチンだけ改装する、次は寝室で、次は・・・とか。あるいは引っ越しをするような気分で、スケルトンにしてまるで別空間を作るなど。こうしなくてはいけないということはありません。日々、ワクワクして、なんだか楽しく暮らせるために必要なことを、必要なだけ。それが大事です。

リノベーション施工例

空間リノベーション施工例フォトスタジオのある自宅 カメラマンさんの2LDKマンションは壁と天井を大きく取り払い、広いスタジオとプライベート空間を作りました。詳しくは

空間リノベーション施工例アメリみたいな女の子を主人公に ご夫婦と女の子ご家族のマンション全面改装。中2階の小さな赤い扉が主役です。詳しくは

空間リノベーション施工例蔵のような家 洋風の一戸建ての屋根裏空間を活用して「蔵のような家」に全面改装しました。詳しくは

New House
お客様に合わせたオーダーメイド住宅

KITORIの新築住宅

新築住宅の例
新築住宅は未来の設計図のようなものです。
こんな風に暮らしたいをそのまま間取りやデザインしていきます。

~新築住宅ができあがるまで~

大人も子供も、家族もお客さんも
ワクワクできるお家は
こうして生まれます。
新築住宅の例 新築住宅はまず土地を見てから考え始めます。窓からどんな景色がみえるか、風はどう流れるか・・・土地の力を借りながら快適で夢のある家づくりを進めます。建てる前に行う地鎮祭など日本古来のしきたりは、そんな土地への敬意を考えるととても自然な流れだと感じます。 次に暮らし方や家族構成など話をよく聞いて、基本プランを提案します。間取りが一番大切になるので、ワイワイと話し合いながらプランを完成させます。次に模型を作ります。これも大事です。実物を縮小した模型の窓から覗き込むと、そこには実際と同じ景色が見えます。窓の大きさや光の入り具合まで、実際に近い空間を確認できます。図面のみより、模型で最終的にチェックをすると出来上がってからの「何か違う」が少なくなるので安心です。

新築住宅の例

間取りができたら、図面を起こし、申請などをしている間に、仕上げを決めていきます。壁は漆喰にするのか、ペンキにするのか。床のフローリングの材質は、塗装の色は、タイルの種類は、それからキッチンやバスルームの設備・・・。全体予算を考えながら、ここで予算の調整などもしていきます。

見積りが出て、すべてが決まると、次は施工スケジュールを組みます。施工がはじまると要所要所で確認を行いながら、KITORIで最終的な仕上げをして、完成です。

もう1つKITORIで大事にしていることは、家づくりと共になるべく多くの想い出を散りばめることです。どんな家でもいつかは古くなります。不具合も出てきます。それでも月日に負けず大切にできるような工夫をします。扉に入れるガラスをみんなで選んだり、山の中まで一緒に製材を見に行ったり、物置の漆喰をみんなで塗ったり。夢が終わることなく続くように、たくさんの想い出をちりばめて。

いつか月日が経って、
その家が古くなった時にも
大切にできるように
小さな魔法をかけました。
新築住宅の例

新築住宅の施工例

新築住宅施工例自然と夢の中に暮らす家 広いリビングを子供たちは走り回り、お客さんの集まる日々を楽しく暮らす家です。

新築住宅施工例白いタイルキッチンのお家 kitoriの定番、白いタイルと漆喰の壁のキッチンです。

 

住宅作りのよくある質問

リノベーションの施工期間はどれくらいですか?
施行は内容によって異なりますが、だいたい1ヶ月から2ヶ月です。それに打ち合わせの期間を足して、打ち合わせから引き渡しまでの全期間になります。
新築住宅を作ることはできますか?
デザインから施工まで一貫して受けています。施工会社が決まっている場合はデザインだけ受けることもあります。
将来子供たちが出ていくことを考えたレイアウトを頼めますか?
もちろんです。将来のことを考えて作ります。
地方でもお願いすることは可能ですか?
交通費など費用が増えてしまいますが可能です。その場合、なるべく費用を抑えるために、地元の施工会社や大工さんを手配して、こちらからは最初の打ち合わせや中間、最後の確認など必要なだけ行くようにします。今はメールやチャットなど写真などで見ながら話ができるので、案外難しくないですよ。
kitori
Tale of KITORI

だって自然に手が動いてしまうんです、ビスで止めたり、やすりをかけたり。眠くなって眠るように、お菓子があると食べてしまうように。
クコとテトの言い分/ Kitory Tale