プロデューサーから渡されたのは図面ではなく絵本でした

プロデューサーは有名人マメヒコさんでしたが渡されたのは絵本。

主役はりす。テーマは胡桃。広場があり、リスのお家があり、などと可愛らしい絵と共に書かれていました

 

つまりこのお店の一番の仕事はその絵本を現実にすること。読み解いて施工技術に変えること。でもよく考えるとKITORIの一番得意とする仕事です

狭い店なのに常に満席。入れない人が並ぶ名物店です。この店を作ったと言えば、行く先々でそれはそれはと褒められます。それほどに良い店です。何よりこの店にははじめから物語があります。コンセプトではなく、物語です。その物語が人々を惹きつけてやまないのだと思います。スタッフの懸命さやコーヒーのおいしさもちろんありますが。

ベネチアをヨーロッパの人たちが誰もが一生に一度は行くべきだと言うように(そのくらい美しいところという意味)クルミドコーヒーにも一度は行くべき、そんな店です。

こんな店があちこちにあって、また町になっていったら、それはKITORIの望むハッピータウンに近いのかもしれません。国分寺の2号店は和風で「胡桃堂喫茶店」です。

 

KURUMIED COFFEEを噂で聞いて初めて訪れる方はあまり広くないので驚くと思います。狭い席が人気だったりすることも。でもそれがこの店の最大に良さかもしれません。

二階に上がると窓に面した席があります。テーブル席もあります。周りの細かい造作にも見る価値があります。

 

ここは2階の中、NYのタンク室をイメージした中二階の中。狭いところに入ると落ち着く気持ちを最大限に引き出します