美味しいアップルパイと
リンゴの木のある店

アップルパイがメインメニューの
カリフォルニアスタイルのカフェです

夢だったカリフォルニアの青い空の下を
光のたくさん入る天井に映しました

 

もともとは美味しいリンゴを扱っている八百屋さんのご主人とその息子さんが、夢だったカリフォルニアテイストのアップルパイのお店を作りたいとの希望でした

 店内に目を引くのは木箱を並べた大きなリンゴの木を模したオブジェ。天井から吊るされたランプがりんごのように生っています。はじめはりんごの木を置くとの希望がありましたが、インパクトを作れるほどの木を置くのは難しく、ちょうど邪魔な柱があったので、その柱を隠す意味合いでも木箱を重ねたオブジェを提案しました。木箱は本を並べてブックカフェのようにも使える、ディスプレイにもなる、見た目のインパクトと使いやすさを兼ねたオブジェです。キッズスペースにはりんごの線画を描き、後ほどり絵も追加しました。

 店内には大テーブルを置いているので、大人数でもお客さんが増えたそうです。テラス席も増えたので、季節の良い時期には外を眺めながらお茶するのも良さそうです。映画やドラマの撮影に使われることも多いようで、なかなか人気の店になりました。

一定の倍数で作った木箱をいろいろな色味のオイルで仕上げバランスを整えながらリンゴの木のように組み立てました

スタイリッシュなビル2F、ガラス張りの店内の入り口です。チェーン店だと思われることも多いそうですが、個人店です。

明るい広い店内は確かにカリフォルニアの雰囲気です。ちょっとアップルパイを食べながら、のんびりしましょう。大テーブルを入れたので大人数や貸切も人気です。