アンサンクとはフランス語で15の意味です。ちょうどこのお店の番地が15だったからだそうです。素敵ですね

 このお店は初めてカフェを経営する女性オーナーが一人で店に立つことを前提にレイアウトやデザインを考えた店です。カフェなどを始める時、最初の規模のラインは一人で運営するか、従業員を雇うかが大きなラインだと思います。一人の場合、お店全体に目が行き届くことや接客できる席数が限られて来るなど自然にレイアウトが決まってきます。お店を初めて開く場合、やはり最初はリスクを少なくするために一人から始めることは多くあります。

 このアンサンクのようなカウンターが中央にあって厨房になっていると、調理しながらお店の様子を見たり、会話したりすることもできるので、一人でも回しやすいレイアウトです。ここがパリだと、カウンターの周りにとりとめないおしゃべりをするおじさんたちが立ったままコーヒーを飲んでいる感じですが、ここは四谷なのでみんな良い子に席についています。でも気軽に声をかけられるのでオーダーするときなど便利です。逆に一人でのんびりしたいお客さんにとってはカウンターに隔てられていると、それほど人がいる気配がありません。

 アンサンクのオーナーさんが半年くらいすると、常連さんができたり、ランチは混んだり、一人で本を読みに来る人がいたり、程よいお客さんとの距離感がわかったと言っていました。それと共に経営も安定したと。そう言うものですね。

ガラスにお店のロゴや名前、営業時間などを貼ります。だいたい最後に貼りますが、毎回緊張します。

タイルテーブルはコーヒーが映えます。このお店には色とりどりのタイルテーブルがあるので、気分によって選ぶのも良いですね

カウンターの中の厨房は一人でも、忙しいランチタイムなど人数がいても使えるように考えて作りました

この厨房は業務用のオーブン付きガスコンロ、冷蔵庫、流し台を設置しました。これがランチを出すカフェの最低限の設備です

看板は荒ガンナ仕上げの板に、仲間の看板屋さんに文字を描いてもらいました。カフェは入り口に大きなガラスを使って開放的なほうが入りやすいですね。