ベーシックリノベーション

 ベーシックリノベーションは間取りはそのまま、様々な部分を組み合わせて作るリノベーションです。まずはどんなものが好きか?何をどうしたいか?どんな悩みがあるか?どう暮らしたいかなどを聞いて、どの程度までリノベーションするのかをご提案していきます。KITORIの絵になる、物語のある空間づくりを基準にしつつ、予算や必要性に合わせて柔軟な調節ができるのが特徴です。

 リノベーションはあまり大げさに考えると重荷になってしまうことがあるようですが、パーツの組み合わせなら「ここが使いにくい」「ここが少し変われば」そのくらいの希望から始めることができます。

キッチンから始まるリノベーションが多くあります大切なことはリノベーションすることで、暮らしが楽しくなることです

 空間の大部分を占める壁や床も一つのパーツとして考えますが、部分的なのか全体的なのか範囲を決めたり、素材を変えたり、理想を現実にする方法は色々あります。ベーシックリノベーションはまず現実があり、そこにパーツを重ねて、無理なく理想に近づけていくリノベーションです。

 KITORIの長いお客さんでは毎年一部屋ずつリノベーションしたり、長期計画で家全体を変える方もいます。その場合は優先順位を決めパーツを数年に分けてリノベーションする計画を立てることもあります。

キッチンも壁も床、天井、中二階、作り付けの本棚も、それぞれ一つのパーツと捉えて、必要なだけ組み合わせて理想に近づけていくのがベーシックリノベションです

例えば、この施工で使ったパーツ

タイル貼りキッチン ➕ 漆喰の壁 ➕ 無垢材の床 ➕ 丸みのある天井 ➕ 作り付け棚 ➕ダイニングテーブル椅子セット ➕ 扉数枚

ベーシックリノベーション施工例

柔らかいライトで落ち着いた色合い

アイランドキッチン➕オイル塗装の無垢板の床➕漆喰の壁➕タイルの壁➕扉➕窓➕ダウンライト

色で雰囲気を出す

漆喰の壁➕オイル塗装の無垢板の床➕型ガラスの扉➕キッチンの扉のみ➕出窓のタイル貼り

洗面台

洗面台➕収納家具➕照明➕家の中の扉を数枚合わせる


空間リノベーション

例えば、好きな本や好きな映画とか、好きな暮らし方があるのにそれがどんな空間で実現できるのかわからない。というような場合がKITORIの空間リノベーションです

 空間リノベーションとは文字通り、空間ごと変えてしまうリノベーションです。または暮らしごと変えてしまうリノベーションです。物件によってはBefore と Afterで想像もつかないほど変わることもあります。まずイメージから打ち合わせをしますが、イメージはどんな小さなものでもいいのです。漠然としたイメージからでも大丈夫です。そこから現実的な空間へと仕上げるのがKITORIの得意とする空間づくりです。ショールームの施工や過去の施工例などを見ながら、最適なKITORIの空間づくりをご提案します。壁や天井を取りスケルトンから始めたり、階段や中二階などで立体的に絵になる空間を作っていきます。

 KITORIで重視するのはその物件の利点を最大限に生かすことです。光の入り方や窓の外に良い景色があった場合、窓を広くしたり、天窓を開けたりをお勧めします。ない場合は作ることもあります。光や風、景色に勝る絵はありませんから。さらにお住まいになる人数や構成、将来の希望(部分的にお店にしたい、作業場にしたい、賃貸物件にしたいなど)を聞いて考えます。見た目やデザイン性だけでなく長く楽しく、日々ワクワクしながら便利に暮らせるように仕上げていきます。

 天井を上げて中二階を作ったり、床をあげて床下を全て収納にするなど、利便性とデザイン性のちょうどいいところをデザイン力と施工技術の両方で仕上げていきます。もちろん、無駄なことはぜず、予算はできる限り抑えます。        

例えば、この施工で受けたリクエスト

中古戸建物件 ➕ 夫婦の趣味を活かせるカフェのようなリビング ➕ 大きなダイニングテーブル➕1Fのみで将来的に2Fも変えたい➕ 趣味の道具をうまく見せる収納➕DIYを部分的に取り入れたい

空間リノベーション施工例

自宅 兼 フォトスタジオ

女流カメラマンさんの2LDKのマンションを天井も抜きスケルトンにし、広いスタジオ部分と隔離されたプライベート部分を作りました。仕事用の資料が多いので中二階をつけて書斎を作りました

女の子を主人公にしたリノベーション

ご夫婦と女の子の家族、マンションの全面改装です。小さいうちはみんなで眠りたいとのことでリビングに広い中二階を作りました。その下には女の子隠れ家を作って、小さな赤い扉をつけました。

蔵のような家

洋風の一戸建てを「蔵ような家」にしてほしいとのことで全面改装しました。リビングを吹き抜けにしてぐるっと囲んだ二階部分にはご主人の書斎や奥様の織物のアトリエスペースがあります。


KITORIリノベーションの特徴

① 無垢材の床
① 無垢材の床
パイン材やチーク材などで床を貼ります。無垢材ならではの素足で歩いた時の心地良さは格別です。
② 漆喰の壁
② 漆喰の壁
空想の中で思い描いている白い壁は漆喰かペンキであることが多いです。漆喰はペンキで上から塗ることもできます。
② デザイン性のあるの建具
② デザイン性のあるの建具
作家もののステンドグラスを使った扉やデザイン的な引き戸などアクセントをつけることができます
④ガラスや金物、タイル使い
④ガラスや金物、タイル使い
様々な種類の型ガラスや取っ手、金物など珍しいものや希少なものを揃えています。タイルはフランスやメキシコなど色合いに合わせて揃えています。
⑤ ライティング・照明
⑤ ライティング・照明
光の当て方は大事です。ダウンライトや絵になる照明器具でより空間の雰囲気を良く見せます。
⑥ 施行に合わせた家具いろいろ
⑥ 施行に合わせた家具いろいろ
壁を本棚にしたり、作り付けの棚で収納を広く確保したり、ニーズに合わせることができるので、住み始めてから使いづらい思いをすることがありません

もしも、すでに施工会社が決まっている場合は
デザインのみ承ります

打ち合わせからデザイン図面を起こし、施工する会社や
工務店の担当さんと協力してKITORI空間に仕上げます